医院情報

〒662-0825
兵庫県西宮市門戸荘13-15
ラポール門戸Ⅱ 2F
TEL:0798-54-5687

診療内容:
歯周病治療(歯槽膿漏)
親知らず抜歯・虫歯治療
矯正歯科・審美歯科
歯の定期健診・カリソルブ
歯牙移植・顎関節症
ホワイトニング など
(インプラント治療はやっておりません)

日曜日午前中のみ
 (要予約)
※その日の状況によっては当日予約していただけない場合もあります、ご了承下さい。

携帯サイト
医院紹介 1つ前に戻る
院長紹介
 
 
院長紹介
 

【院長略歴】
 
平成元年 広島大学歯学部卒業

大阪歯科大学付属病院口腔外科にて臨床研修

宮本歯科医院(京都市中京区)
山田歯科医院(現かおり歯科医院・京都市)
吉田歯科医院(守口市)
川村歯科矯正歯科(四条畷市) などに勤務

 

平成11年 藤森歯科クリニック開院

【所属】
 
・日本歯内療法学会、専門医
・日本歯科審美学会
・日本構造医学会
・日本成長学会
・近畿東海矯正歯科学会
・オーソトロピクス研究会
・大阪スリープヘルスネットワーク

 
  医院紹介
 
 
門戸厄神駅ホーム南より見えます。
 
ビルの2階にあるので、お間違いなく。
 
受付です。
門戸厄神駅ホーム南より見えます。   ビルの2階にあるので、
お間違いなく。
  受付です。
 
 
当院の玄関になります。季節ごとの小物を置いています。
 
診察室になります。
 
当院の玄関になります。
季節ごとの小物を置いています。
  診察室になります。  
 
  ごあいさつ
 

治したところが、また悪くなってしまったことはないですか?再発のない治療は何も私だけではなく、多くの歯科医師が目指すところだと思います。今日、治療終了したところが、40年後にも全く変わることなく機能していたら、どんなに素晴らしいことでしょうか。
それを目指すには、まず各々の治療ステップすべてが、適切に行われていることが前提で、以下お話していきます。

例えば、歯内療法や歯周治療が不完全なままでは、それに続く修復処置が、もし、いかに優れていたとしても、再発の危険性は高くなってしまいます。
 
ところで、万一列車事故などが起こると、再発防止のために必ず原因究明がなされます。病気も何らかの原因がもたらした結果です。したがって、原因が残ったままなら、仮に一旦は治ったように見えても、また再発することになるでしょう。では、どうすれば良いのでしょう。
 
歯科の場合は、まず『歯磨き』が重要と考える方が多いことでしょう。虫歯も歯周病も原因はプラークの中の細菌ですから、歯磨きによって細菌数をゼロにできれば、完全な原因除去になるかもしれません。


しかし、『歯磨きはしっかりやっているはずなのに悪くなった』と思ってられる方もいるでしょう。その方のために原因をもう少し考えてみましょう。
 
内科で『生活習慣病』という言葉を聞かれたことがあるでしょう。歯科の病気も日常生活の習慣の内に多くの原因が潜んでいます。


まず、虫歯の発生については食習慣が大きく関与します。『食物(炭水化物)が口の内にある一定時間以上留まることで、虫歯菌が虫歯を引き起こす』ことが解明されています。
具体的には『飲食の回数が多い』『テレビを観ながらダラダラ食べる』などです。
 
また、寝ている間は歯を虫歯から守ってくれている唾液の量が少なくなるため、『寝る前の飲食』も避けたい習慣です。


歯周病では喫煙や歯ぎしり、くいしばりなどが症状をより重く治り難いものにします。歯ぎしりについては、また後で説明します。
 
不正咬合の原因は、遺伝的要因が大きいと考えられていますが、習癖による影響も少なくありません。遅い年齢までの指しゃぶりによるものなどが有名な例です。また悪習癖が残ったままだと一旦きれいに矯正治療された後から再び悪くならないかといった不安が残ります。
 
顎関節症や歯ぎしりの原因は少し複雑です。発生のパターンはいく通りかあるかもしれませんが、多くの場合は体の歪み、特に頚椎の異常だと私は考えています(他の意見もあると思います)。
 
これにも生活習慣病が大きく関与してきます。最初は、過去(かなり以前の場合もあります)の交通事故や転落などの外力によって、体に歪みを生じるのかもしれませんが、日常の何気ない習慣で更にその歪みを大きくしてしまっていると考えられます。
 
例えば、ショルダーバッグを使われる方は、左右のどちらか一方にいつも掛けておられる場合が多いのではないでしょうか。試しに反対側に掛けようとすると以前よりも掛け難くなったりしていませんか。但し、「では反対側に掛けていれば治ってくる」というものではなさそうですので、ご注意下さい。小さなリュックサック型で背中に掛けるのが無難だと思います。
 
習慣は各個人によって異なるので、原因捜しは容易ではありません。原因がなかなか見えて来ないケースもあったり、一旦はなくなったはずの悪習癖がまた復活してしまうこともあります。更なる努力の必要を日々感じております。

最後に、ここまで読んで下さった方々に、是非お勧めしたいことがあります。
悪習癖の除去と共に『歩行』を習慣として日常の内に取り入れることです。走ることでも泳ぐことでも、ましてや自転車に乗ることでもなく『歩くこと』です。
最初は無理をされないようにして、毎日35分ほど続けて歩いてみて下さい。

この雑文が皆様の健康増進のために少しでもお役に立てることを願っております。

 
HOME院長紹介アクセス歯内療法歯周病治療矯正歯科お問い合わせ
歯周病、親知らず、虫歯治療、歯槽膿漏、定期検診、矯正歯科、審美歯科のご相談は藤森歯科クリニックへ。
〒662-0825 兵庫県西宮市門戸荘13-15 ラポール門戸Ⅱ 2F  TEL:0798-54-5687  URL: http://www.fujimori-dental.jp